人気記事

 

夏の夜は暑さで寝苦しくて、何度も夜中に目が開いてしまうということはありませんか。

ただでさえ暑くて体力が奪われやすい時期なのに、睡眠不足でなかなか疲れがとれないと夏風邪をひきやすくなってしまうので、注意したいですよね。

エアコンを適切に上手に使えば、付けたまま寝ても問題ないですが、「喉が痛くなりやすいから極力エアコンを付けたくない」「電気代を節約したい」という人もいると思います。

 

そういった人のために、数年前からベッドや布団に敷ける「冷感パッド」というひんやりした肌ざわりがウリの商品が多く売られていますよね。

実際、私も使ってみたのですが、使い始めた当初は「ひんやりして気持ちいいー!」と感じていたのですが、しばらくするとあんまり冷たさを感じなくなってきてしまいました(+_+)

「冷感敷パッドを使っても結局寝苦しいなぁ…」とガッカリしつつ、懲りずに他に良いグッズはないものかと探し回ったところ、竹シーツというものに出会いました!

寝苦しさから解放されるのか半信半疑でしたが、人気商品で、口コミにも「冷感パッドより全然冷たくて寝汗をかかなくなった」という高評価が多数あったので思い切ってトライしたところ、本当に評判どおりの商品でした!

 

今回は、夏の暑い夜の寝苦しさから解放されたい人や、とにかく寝汗がひどいという人におすすめできる竹シーツをご紹介します。

自宅でコロナの抗体チェックができるサービス
自分自身や家族の今のリスク状況を把握できれば、これからの行動に活かせます。
家族や身近な人のためにも一度チェックすると安心ですね(*'ω'*)

冷竹 竹駒シーツ(夏用)は寝苦しい暑い夜の対策におすすめグッズ

竹シーツにもたくさんの種類がありますが、おすすめとしてご紹介したいのは「冷竹 竹駒シーツ」という商品です。

 

ちなみに、楽天内でもいくつかこの商品を扱っているショップがあるのですが、値段に差がありますので、お買い物する際は気に留めておきましょう。

この記事では、楽天最安値で送料無料で販売しているお店をピックアップしてご紹介しますね

冷竹竹駒シーツのサイズ種類(シングル、セミダブル、ダブル)

取扱いのあるサイズの種類は、シングル・セミダブル・ダブルの3つです。

それぞれの長さは、以下のとおりです。

シングル  約90cm×150cm
セミダブル 約110cm×150cm
ダブル   約130cm×150cm
お値段は1サイズあがるごとに、1000円ずつアップするという感じです。

 

冷竹竹駒シーツが夏の寝苦しい夜でもひんやり涼しい秘密

この竹シーツは、竹の中でも一番ひんやり感があるとされる孟宗竹の高密度な表面部分のみを使用して作られています。

竹駒の一つひとつが、私たちの身体から放出される熱を吸収してくれ、竹駒同士の間にある隙間からその熱を放出してくれることで、冷たさをずっと感じられるようになっているのです。

この竹駒の隙間は熱の放出だけでなく、身体へのフィット感も出してくれて良い感じです

この冷竹竹駒シーツの冷たさの効果は、科学的にも検証されていて、楽天の販売サイトには綿シーツと竹シーツとの起床直後の体の表面温度の計測結果比較データが掲載されています。

そのデータをみると、竹シーツの方が約3℃も体表面温度が低いという結果が出ています。

 

 以前、私が使っていたジェル型の冷感のベッドパッドは、自分の身体が触れ部分から体温や熱を感じましたが、熱を吸収しつつ放出できるという竹駒のシーツだからこそ、寝苦しい暑さから解放されて「暑すぎて寝られない」ということがなくなったということなんだと思います。
熱帯夜でも寝汗もほとんどかかなくなったので、寝汗対策もしたいという人にもオススメです。

暑さ対策や涼しさを求めている人にはぜひ一度試してみてほしい商品ではありますが、注意点もあります。
この竹シーツは性質上、温度が低い中で使うと柔軟性がなくなって壊れる恐れがあるそうです
冬の使用はおすすめできないので、あくまでも暑い時期限定で使うものと覚えておく必要があります。(年中使いっぱなしにしないようにしましょう!)
あと、私は今のところは全く大丈夫ですが、ささくれが発生したりすることもあるそうです。
出てきてしまったら爪切りで対処できると書いてあるので、もし今後、使っているうちに出てきたらやってみるつもりです。

まとめ(寝苦しい・暑い・夏の寝汗がひどいなら涼しい竹駒シーツで対策を!)

夏の暑くて寝苦しい夜や寝汗に悩んでいる方は、対策の1つとして、この冷竹竹駒シーツをぜひ試してみてください。

ひんやりとして、朝まで涼しくぐっすり眠れるので、睡眠不足からも解放されますし、一度使ったら夏には手放せないグッズの一つになると思いますよ!

熱中症には気を付けたいけど、エアコンは苦手だから使いたくないという人にもオススメです

 

おすすめの記事